※2006年〜2010年に投稿された100件の中から「おはなしオバケーター賞」に選ばれた作品です。
 

留守番の恐怖
作:ひなみい

『みつる〜ままちょっとおばあちゃんのとこに

行って来るけどあなたも行く〜?』

 

 

『いかなーい』

 

 

『そう。ちょっと遅くなるから

じゃ〜お留守番よろしくね!!』

 

 

 

『はあーい』

 

 

 

 

 

ガチャン・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

やった〜〜〜★!!

宿題宿題ってうるさいままは

いないしぱぱはお仕事

 

家には僕一人!!!

 

今日は好きなTVを沢山見て

大好きなお菓子は食べ放題

ゲームだっていくらしてても怒られない!!

勉強だってしなくていい!!

 

 

 

なんて幸せな一日なんだ〜^^★

 

 

 

 

 

 

 

ピコピコピコ・・・・

むしゃむしゃ・・・

わはははははは・・・

 

 

 

 

 

 

ピンポーン

 

 

ん?お客さんだ

はーい!!

 

 

ガチャ

 

あれ〜??誰もいない

ちっピンポンダッシュかよ

 

せっかくの楽園な日なんだから

邪魔すんなよ!!!

 

 

まったく・・・

 

 

 

 

ピコピコピコ・・・

 

 

 

ピンポーン

 

 

 

はあ??またかよはあい・・・

 

 

がちゃ・・・

 

 

またいねえーし

 

 

 

ピコピコピコ・・・

 

 

 

 

ピンポーン

 

 

あーめんどくせぇ居留守しちゃえ

 

 

 

 

ピンポーンピンポーンピンポーン

 

 

 

あーもーなんなんだよ

 

 

ガチャ・・・

ん?なにこれ・・・マント??

 

なんの嫌がらせだっつーの!!

 

捨てちゃぉ

 

ぽーい

 

 

 

 

 

 

 

ピコピコピコ・・・

 

 

 

 

 

 

 

キキィィィィ・・・・

 

 

え・・・??なんでドア開いたの

 

だ・誰かいるの??

 

 

 

僕はドアに近づいた

なにか黒い影が動いたような・・・

 

き・気のせいだよね

 

 

僕はピシャンとドアを閉めた

 

 

するとヒラヒラ~と

カーテンが揺れて目の沢山ある

黒い液体みたいな生物が見えた気がして

勢いよくコタツへ飛び込んだ

 

 

 

 

なんなんだありゃ

ままぱぱ早く帰って来てよ!!

 

 

パチン・・・

 

コタツから出てみると

電気が消えていた

 

 

震えが止まらなくなった

 

 

遠くにあるふすまが少し開いている

その中で何かがうごめいている

 

 

すると近くにあった僕の大事な

ゲームやお菓子TVのリモコンが

ふすまの中に吸い込まれていく

 

 

なにするんだよ!!!

 

 

咄嗟に僕は飛び出しふすまめがけて

飛び込んだ

 

 

家の中なのにびゅうー!!!と

ものすごい風が僕を舞い上げた

 

 

 

 

わ〜〜〜〜!!!

 

 

 

そのまま僕はふすまの中にいた

へんなお化けに飲み込まれた・・・

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

 

『ただいま〜みつる〜〜??

あら偉いわねぇお勉強して!!

ママがいなくてもやるなんて

なにかあったの〜^^??』

 

 

 

 

『何もないよまま・・・』

 

 

 

 

 

 

 

これは僕だけの秘密

ピンポンしてったお化け

あれは僕への忠告だってこと

 

 

そして僕を飲み込んだお化け

 

 

思い出したくないくらい怖いから

心の中にしまっておこう

 

 

―――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

 

 

 

君もままやぱぱが

いないからって勉強もしないで

遊んでばかりるとこわーいお化けたちに

お仕置きされちゃうよ・・・

 

 

 

 

 

いい子にお留守番よろしくね・・・