コドモのためのワークショップ・イベント企画、キッズアプリ開発
ピコトン

スタッフ紹介


代表取締役 内木 広宣 Hironobu Uchiki

「運がいい!」と思いこんでいる事もあり、
良い人々に恵まれ、ピコトンも10周年!
東京工芸大学芸術学部に受からなかったら、
ジュエリーデザイナーを目指していたらしい。
横浜生まれ湘南育ち。2015年長女誕生。


取締役 笠原 信城 Nobuki Kasahara

キャラクターデザインを得意とし、ダンボーや
初音ミク、ミニ四駆等々を資料として収集。
社長と大学からの付き合いで、「ビカッとして」等
の感覚的なニュアンストークができる。
地元は、三ケ日みかんとタミヤ本社の静岡県。


取締役 田中 大 Dai Tanaka

雑誌のディレクター経験から、企画から
進行管理までこなすマルチプレイヤー。
社内で唯一、論理的に考える係。
二児の親として、育児に仕事に頑張り中。
地元は、新潟と大阪と東京がちょっとづつ。


久保 麻衣子 Maiko Kubo

仕事の息抜きもガンプラやレゴという、
ものづくり全般が好きなアーティスト。
数多くのキッズワークショップを企画!
2015年に娘を出産し親バカ真っ盛り♪
地元は、オシャレタウンたまプラーザ。


奈良原 麻由 Mayu Narahara

演劇専門学校の経験を活かし、
舞台のようにイベントを盛り上げる!
マンガやイラストも得意で、森の絵本館アプリの
「まねっこくるみー」は32万再生を記録。
地元は、十万石饅頭の彩の国さいたまー。


秋山 夏希 Akiyama Natsuki

大学の活動でキッズデザイン賞を受賞し、
生徒会長を務めた事もある、期待の新人。
将来は毎日和服で過ごす事を目指し、
浅草の老舗料理店で礼儀作法を学ぶ。
地元は、東京の下町葛飾区。


蔭山 玲奈 Rena Kageyama

幼稚園の先生経験を持ち、子供との
やりとりプロフェッショナル!
なぜか迷子の子供や、困っている方に
頼られて、お世話をする事が多い。
地元は、明治まで神奈川県だった町田。


ひらの あすみ Asumi Hirano

不思議生物に惹かれ
オリジナル生物系グッズを販売している。
島へ一人旅をし野生イルカと一緒に泳いだり
マイペース&アクティブに活動する。
青森産まれ横浜育ちのハマっ娘。


中島 幸恵 Yukie Nakajima

ピコトンのWebサイト関連を一手に管理。
「新年っぽい感じのバナーおまかせで」という
ザックリ依頼でもOK。
家では、やんちゃな男児2人のパワフル母。
地元は、セロリ生産量日本一の長野県。